ヒト・モノ・コト

New Marina Talk 2nd

/2021年7月16日に開催されたイベント

New Marina Talk 2nd

/2021年7月16日に開催されたイベント

三井アウトレットパーク 横浜ベイサイドには店舗や飲食店以外にも、くじらの大屋根広場やベビーラウンジ、ベイサイドラウンジといった多目的に使えるスペースがたくさんあります。そうした空間を利用して、横浜ベイサイドに集う人々により一層、楽しんでもらったり、学びの場を提供したり、地域の魅力を発信したりすることができないか……。そんなテーマで意見を交換しあうトークイベント「New Marina Talk」が、2021年7月16日(金)に開催されました。

集まったのは、当サイトColmnコーナーに登場いただいた人々。登山ガイドやママコミュニティの代表、市議会議員、企業の代表まで今回も個性豊かなメンバーが揃いました。まずは各人に自己紹介してもらうと、登山ガイドの「ヤッホー!!さん。」から熱い金沢区愛が語られ、会場は一気に和やかな雰囲気に。金沢八景から横浜ベイサイドまで自然を観察しながら歩く「エコツーリズム」というアイデアについても、多くの人から賛同を得ていました。AI技術を駆使して海洋生態系の移植に取り組む企業「イノカ」の竹内さんからは、大人のための海洋生物教室を企画してはどうか、という提案が。さらには屋外で通りがかりの人がモンテッソーリ教育を体験できるワークショップ、ウッドデッキでの焚き火、果ては富本さんが金沢漁港で育てているコンブを使って滑る「コンブスライダー」企画など、現実的なものから突飛なものまで、様々なアイデアが飛び出したのです。

さら発信の仕方についても意見が述べられ、そもそもイベントを「地域」でくくることにどんな意味があるのか、主催団体単位で情報を発信するよりも、コミュニティ情報サイトからまとめて発信する方が、より認知促進効果が高いのではないか? など、活発な議論が交わされました。
新型コロナ感染症収束の見通しが未だ立たず、リアルイベントの開催には厳しい状況が続いていますが、横浜ベイサイドをより魅力的な場所にするためのアイデアは着実に進行中です。今後の展開にご期待ください!

【New Marina Talk 参加者一覧(敬称略)】
・富本 徳:一般社団法人 里海イニシアティブ理事
・今村 美幸: SDGs横浜金澤リビングラボ主宰(オンライン参加)
・上村 さやか:金沢区ママ代表 、ルンビニー~つながりの庭~主宰
・いとう あづさ:モンテッソーリ教師
・竹内 四季:株式会社イノカCOO
・芳須 勲:いきいき登山ガイド/管理栄養士
・浜口 大樹:NPO法人Aozora Factory理事
・岩本 圭太:株式会社安田造船所/YOKOHAMA BAYSIDE WAREHOUSE
・藤本 あさこ:株式会社フジモトソーシャルラボ代表取締役/鎌倉市議会議員
・谷口 滋康:株式会社オルダー代表取締役
・竹内 崇:株式会社 MOPS取締役営業部長
ほかNPO法人ハマのトウダイから3名、三井不動産商業マネジメントから1名

New Marina Talk 主催:NPO法人Aozora Factory

 

PAGE TOP